Saturday, July 29, 2006

シェラネバダ山脈 1300マイルツーリング



遂に・・・念願叶ってロングツーリングに行って参りました。日本から参加のTakaさんも2日間のウォームアップとMoto-GPでのイメージトレーニングを終えて右側通行もカリフォルニアの車の流れにも慣れてきました。それにも増してレンタルのエレグラ、大分意のままに振り回しています。

今回はチョット欲張りなゴールドカントリーの西部の街並みを楽しみながらヨセミテに南側から入ります。その後タイオガ峠(Tioga Pass)を越えてMonolakeへ。前回の下見ではこの後北へ向かいましたが今回はハイウエイ395号を南へ。Death Valleyとシェラネバダ山脈の間を通りその後セコイア国立公園とキングスキャニオン国立公園を経て帰路に着く経路で行ってきました。



写真は当然の事ながら数百枚なので各一枚だけの紹介です。すみません。
気に入った方は是非自分の目で見に来て下さい。写真ではスケールが全く伝わりません。

では、最初はセピア調、ジャクソンに程近いサン・アンドレアスの町。


その後、熱波の襲うハイウエイ49号線を南下します。途中、かなり辛い場面も有りましたが水をかぶりながら走りきりました。標高が少し上がり道も快調に曲がりだしヨセミテまで後一息。この日は飛び込みで宿をとる予定だったので宿も決めなければなりません。その時既に7時半。日没は8時頃でグレーシャーポイントの夕日を見るにはかなりキワドイタイミング。でも行ってみる事に。途中、遅い車につかまったりもしましたが何とか夕日の残るハーフドームが見られました。



Day-2は樹齢1000年以上の巨木セコイアを見て始まります。

何を見てきたか・・・厳かな気が漂います。脂肪落としついでに片道0.8マイルのハイキング・・・でも標高は2000m近くで登り・・・ハアハア・ゼイゼイ

その後またまたグレーシャーポイントに、滝に、岩に感動しタイオガ峠を走ります。



未だ残雪もあり本当に綺麗です。こちら、峠の頂上にある平原の池。この先にあるもう一つの池は分水嶺を越えて東に流れます。



で、その後は落石注意・・の仕様が無い所を抜けてMonolake へ。サーキュラーPLフィルター使いまくりです。


その夜はLee Viningにて宿をとります。

Day-3はスキーリゾートとしても有名なMannmothの街を抜けます。ヨーロッパ調?街はどうでも良いのですが残雪の残る斜面。良いですねぇ~



で、395号は標高7000フィート辺りから2000フィート辺りまで下り続けます。雪山から砂漠へ。デスバレーをかすめたと思いましたが実は100マイルも東。ま、暑さは十分でした。







その後山の中を抜けていよいよセコイア国立公園に入ってきました。

あのセコイアが林立しているのかと思うとワクワクします・・・が今日はここまで。やたらリズムの良い峠を一気に下る・・・途中でエレグラがフェード気味なのでチョットだけ休みながら下りてきたのがSpringvilleの街。良い感じのInnで食事とローカルミュージシャンのカントリーを聴きながら疲れと酔いでCrash!したのはふかふかのベッドでした。

いよいよDay-4、最終日。今日はセコイア国立公園とキングスキャニオン国立公園を見た後は200マイルの帰路が待っています。余り遅くなると危険なので速めに帰路に着く予定でしたが、セコイア国立公園とキングスキャニオン国立公園共に圧巻!!の景色。






素晴らしい!の一言か若しくは息を呑み絶句。




キングスキャニオンはスケールがでかすぎて写真じゃ無理。ちなみにこの写真、18mmのズーム広角の縦4枚撮りパノラマ写真なんです・・・ってわかります?




こちらが最後の観光スポット。重力式の給油機。1920年代のものがそのまま使われているそうです。


この後長く真っ直ぐなフリーウエイをひたすら走って家に着いたのは10時を過ぎていました。

客人もエレグラもスポもカメラも・・・お疲れ様でした。
と言う事で、明日からはもう一丁、車での長距離に行ってきます。報告は来週末以降でしょうか?


今回は長くなりました。最後まで読んでくださって有難う。
ちなみに10000フィートも40度を越える熱さにもスポは元気に走りました。吸排気と点火のセッティングはOK・・・いやかなりGoodの評価です。

では、また。

23 comments:

Daddy said...

お疲れ様でした!

いつも思うのですが、USさんのブログは目の毒ですね(笑) 美しすぎるわ、お天気も良すぎるわ、道も気持ちよ(さそう)すぎるわで、見るたびに行きたくなります。

明日からは車ですか! やはり若いですねぇ、考えただけで疲れがでそうです。 でも、アメリカなら日本よりは楽で、楽しそうですけど。

たくさんの写真、ヤフーアルバム等で公開予定はありませんか? ぜひ見てみたいです!むりか!!

Taka said...

お疲れ様でした。おかげさまで日本では経験できないスケールを楽しむことができました。本当にありがとうございましたm(_ _)m

しかし膨大な写真の数、私のコンパクトデジカメは走行中も撮りまくってたので何枚あるのか・・・日本に戻ったら旅行の感傷にひたりながら(笑)じっくりと整理します。
おかげさまでLAには無事に到着し、さっそくライブハウスに行ってLAナイトライフ楽しんで来ました。

USさんも大自然の旅Part2 by SUV 楽しんできて下さい。そちらの報告も楽しみにしています。

US05 1200R said...

Daddyさん

本日予定の550マイル走破して来ました。此処はElkoというIdahoボーダーまで約100マイルの街です。今日はさすがに砂漠の中退屈でもあり楽でもあり・・・
明日はもっと変わった景色が見られる事を期待しています。

Takaさん

本当に良く走りましたねぇ。私もバイクで初のシェラネバダ、満喫しました。今日は先日の385号を2倍にした様な砂漠の一本道を走って来ました。明日はいよいよアイダホ経由でイエローストーンです。
LAではいきなり都会っ子ですね。楽しんで行って下さい。

Red said...

1300マイルということは約2000キロ お疲れ様でした。
どうもアメリカの地図を見ても距離感がつかめませんね。
ワタシはサンタモニカから海岸線をベニス経由でバーテルズまで歩いたことがあるのですがドエライ疲れました。
ところでスタージスには行かないんですか?

あとtakaさんはLAで誰のライブに行かれたのでしょうか?

Gotaro said...

いや~~っ!凄い!凄すぎます。
各一枚なんて酷ですよ(笑)。
でも確かに一度、自分の目で見てみたい光景ですね~!
上高地とか屋久杉とか大雪山も、完全にスケール負けしています。
あとセピアの町並み・・・ちょっとマッドマックスを連想しちゃいました。

でんでん said...

カメラの腕上がりましたね!
後方からのエレグラも決まってます。
む~ん、ほしくなってきました。
ところで、スポにハイウェイペグのような物が見えるのですが、目の錯覚でしょうか?

LIAN said...

お疲れ様でした!二人で最高の旅を満喫されたようですね~いやぁ羨ましい! (^-^)

US05 1200R said...

redさん

イエローストーンまできっちり1000マイルでした。これより先にはチョット・・・お尻が痛い!

Gotaroさん

ネバダの砂漠地帯は予想通りでしたがアイダホの穀倉地帯はGotaroさんの北海道の写真を彷彿させる光景が続きました。今日は先を焦っていたので止まって写真の余裕がありませんでしたがYellowstoneとGrand Teton、すごそうな予感がしています。モンタナ州、スケールが更にでかい。明日はワイオミングです。

でんでんさん

有難う御座います。どちらかと言うと被写体が良いので腕が上がった様に見えるだけなのかも知れませんが前回からGotaroさんに教えて頂いた偏光フィルターを使い始めてちょっと深めの色が綺麗に出るようになって嬉しいです。
後は構図とお見せできない写真に有る手ブレかなぁ。
ハイウエイペグ、鋭いですねぇ。ロンツーに備え付けましたが腰に来てしまうのでストレッチングで足を乗せるくらいの用途でした。高速巡航ではやっぱりタンデムステップの方が抵抗も少ないしお尻も上げやすいのでかなり多用していました。でも雰囲気は変わりますね。何気に気に入ってしまったので暫く付けておこうと思ってます。

Lianさん

次回は是非御一緒したいですね。
まだまだ見所は尽きません。まぁ、今夏は遊び過ぎなので来年以降ですが・・・

shizuka150r said...

絶景の数々をゆっくり拝見させて頂きました。メタセコイア、本当に見てみたいです。シェラネバダは地図帳の世界だけでしたが、こうして拝見させていただいて、改めてその素晴らしさを実感することができました。日帰りミニツーしか経験したことのない私には泊まりがけのロングツーリングは憧れです。体力のあるうちに、いつかはしてみたいと思っているのですが、果たしてその夢は叶うのでしょうか♪

Taka said...

私がグレーシャー、イエローストーン、グランドティトン、デビルズタワー、マウントラシュモアを回ったのはもう20年も前ですが、アメリカのことだから自然の変化以外は変わっていないんでしょうね。

私は今日はLA近郊で初の海釣りに挑戦、が、船酔いにやられて釣果はモチロン坊主~ 回りではバラクーダ、シーバス、サバ等があがってました。しかし、船酔いは辛い、もう二度と船釣りはするもんか、と誓いました(笑)

redさん、はじめまして。
ライブはクラブでの名も無いラテン系のレゲエバンドでしたが熱い演奏に熱気ムンムンでした。そういえば先週はウドーロックフェスだったんですよね。キッス、サンタナ、ジェフベック、ドゥービー、と懐かしい顔ぶれ。その昔の日本公演にも武道館へ見に行きました。あれから20年、今でも現役バリバリの彼らの演奏見に行きたかったですね。

US05 1200R said...

shizuka150rさん

99%を家庭と家族の為に頑張ると一年で約4日間は自分の為に使っても良いんじゃないでしょうか?という事で今回は行ってきました。本当は十数年分の蓄積が有ったのですが繰越は不可で・・・・

Takaさん

Yellowstoneは1988年の大火災の痕がまだまだ残っています。温泉の流れも最近は変わっているようで自然も長い周期で移ろいで居るようです。今日は初日からバイソンが見れました。ラッキー!
船釣りの前にDrammaminという酔い止めを飲まないと・・・って後の祭りですね。こちら清流に魚が見えます。何とか一日は釣りをしたいなぁ。
バイカー、多いですよ。ワイオミングはノーヘルです。

Red said...

takaさんはじめまして。
ウドーロックフェスなんていうのがあったんですね。
情報に疎くて知りませんでした。
昔はよく外タレ(私語)のコンサートに行きました。
ちなみにポール・スタンレーのサイン持ってます。

Taka said...

昨夜アメリカ巡業から帰ってまいりました。USさんのおかげで本当に素晴らしいツーリングとなりました。ありがとうございました。

機会があればイエローストーン方面ももう一度バイクで走りたいですね。
船釣りでは船宿で買った酔い止め飲んだにもかかわらずダメでした~ この間のハワイでもダメだったので船には弱いようです・・・

イエローストーンも変わってきてるんですね。間欠泉の高さも自分が行った時とはかわってるんだろうな~ ところでグリズリベアは見れました?


 > ポール・スタンレーのサイン持ってます。

おお~ それは凄い!!ジーンシモンズはないんですか?キッスは日本初公演に行きました。遠い昔ですね~

でんでん said...

キッスなんて懐かしいですねぇ。

梅雨が明け、蚊に指されながらもやっとRACETECH入れることができました。
フォークオイルは既に購入済みの15wと30をブレンドして24くらいになっています。

というわけで、乗ってどうかというと…
当然ですが、無駄なノーズダイブがなくなりました。かと言って、跳ねるわけではありません。
ストックのHDはケツで乗る、とは言いますが、それではあまりにもトロい。
切り返しも若干軽くなり、多少、頭からの突っ込みも出来るようになりました。
夜中にちょっと試走しただけなので、あらためてワインディングと高速を走ってみようと思います。
しかし、こうして見るとリヤのプアさが如実に感じられます。
あとは36Eの②割引いっちゃおうかな?

US05 1200R said...

でんでんさん

コメント遅れました、すみません。
ついに始まりましたね。Blogの写真もきれいです。
先日エレグラに乗ったらノーズダイブはするしフニャフニャなものの底突きしないので驚きました。スポとダイナだけ手を抜いているんですかねぇ?
でも、どの道、換えてしまうのが前提だからいいのかなぁ?
リアも行っちゃいますか?
ところでエミュレーターは使いましたか?

でんでん said...

スプリングとオイルの交換のみで、エミュレーターは使用していません。
某チューナー曰く、効果はあるんでしょうけれどねぇ…?
装着し、ダンパーチューブにも追加の穴を開けてオイルの流量をコントロールするようですが、当方、オイルシールインストーラー持っていませんので。
オイルは既に15番を購入してしまってあったため使いきり目的でブレンドしていますが、おそらくストックのフォークにも30番は硬すぎることもなくいい感じだと思います。
ところで、us05さん、ピッチングは出ませんか?

リヤもいきたいですねぇ。ああ、財布が…(^^)

US05 1200R said...

でんでんさん

私は後ろが先だったので前を代えてのピッチングがどの程度出るかわかりませんが、後ろだけを代えた時点ではピッチング無しです。多分、前サスにその分の負荷が行ってかなりバランスが悪くなったと思います。
で、前を代えて直ぐに感じたのがステップを中心とした(ギャップを乗り越える時の心地よい程度の)ピッチングです。こんなに重いバイクがこんな動きが出来るんだとかなり強いインプレッションでした。この時点で前後でそこそこのバランスが取れたと思いました。
想像ですがフロントだけが硬くなってリアの伸び側が要求される場合(下りのブレーキング時など)に、後サスの伸び側に余裕が無い状態だと挙動が不安定な方のピッチングが出易くなる事は考えられますね。あくまでも仮説ですが・・・・・
うーん、財布が解決案ですかねぇ・・・
お、ところでTakaさんの乗り比べではOhlins対IkonではやはりOhlinsかと・・・お世辞かも知れませんが(笑)

まさ said...

いいですね~!
私もいつかそちらへ走りに行きたいな~♪

US05 1200R said...

まささん、

そうですね。釣竿持って来て下さい。バス鱒釣りキャンプツーで行きましょう。

でんでん said...

む~ん、やっぱり出ますか。
HDN掲示板では、プログレはピッチングがでるようなことが書いてありましたので気になっていました。(すみません、失礼なコメントで)

ところで、アドベンチャーHDですが、カスタマーサービス担当が設けられるなど通販部門がすごく充実してきました。これはUS05さんのご助力の賜物ですね。これから安心して注文できます。(^^)
当方の相手をしてくれたのはAmberでした。

US05 1200R said...

でんでんさん

いやぁ、失礼なんて事無いですよ。
私は固めのサスでジワッと来る感じが好みなので普通には硬すぎ位が丁度良く感じる様です。
こちら山では荒れた路面が多いので少しダイレクトに来る感じが合ってるかな?でもフワフワのエレグラも結構走れたからその方向で煮詰める事も出来るんでしょうね。エレグラのサスは結構感動モノでした。
しかしインターネットショッピングでは国境が無くなった事を感じますね。日本代理店も少しは考えるのかな?HDJネバダ支社を作って通販すれば良いとか・・・

hiro said...

写真を見ているだけでもストーリーがありますね。 すばらしいです。グライドもこの景色にドンはまりですねー。

US05 1200R said...

Hiroさん

エレグラの存在感、有りますねぇ。スポもエレグラと並ぶと自転車みたいに細く見えます(笑)。
やっぱローキンかなぁ?TC96に試乗してみた~い・・・って店頭に並んでいるから出来るんですが、ハマるのが怖~い。