Sunday, October 11, 2009

Shaver LakeとKings Canyon



ふと・・気付けば5月以来の更新でした。もう今年も終わりが近付いている今日この頃ですがお久し振りです。
公私共に忙しい日々ですが、久し振りにスクランブラーなバックロード満喫のツアーに行って来ました。

私を除くメンバーの3台は金曜日の朝初でヨセミテのSouth Entranceへ。私はその日の夜に宿で合流。多少のミスコースが有りましたが9時頃に宿の前で誘導して貰って無事到着。なんたって・・・真っ暗でした(^^;

翌日は風情のある田舎道と軽快な湖畔のワインディングを通って、雄大なKings Canyonへ。


幹の直径が10mはあろうかという巨大なセコイアから木霊とマイナスイオンと元気を貰って、私の知る中では一番大きなV字谷の渓谷へ。圧巻です。



ん~、何度見ても素晴らしい。偉大なる大地です。

その夜はロッジ前でBBQ。キャンプファイヤーもして、楽しく夜が更けます。

翌日は・・・雪!!!
ロッジからMono Hot Springという温泉を目指す予定でしたが、宿の主は降雪で通行止めになる可能性も有るのでコースを変更した方が良いとのお言葉。はいはいっ、と二つ返事で余り標高の上がらない方へ進路変更。

目指すはセコイアが群生するMcKenley Grove。ココは静かで良い所でしたが、メンバーは凍え気味(^^;


ココで、戻るか進むかを任された(というよりは勝手に決めた)道先案内の私は迷わず奥地へ。

入り口こそ荒れた舗装でしたが序々にダートより荒れた舗装へ。そして遂には完全ダートの約12マイル。

ドゥカティ・モンスターの2台(!!)からはヒンシュクを買いましたが、途中の雪もなんのその。全員無事に走破した先には、ご褒美の絶景!



この景色の大きさは写真では難しい・・・



道は断崖を通るワイルドな感じで最高でした。



その後、延々とワインディング三昧で埃だらけの4台は帰途に付きました。

今回は動画もどうぞ。




6 comments:

Red said...

心配しておりましたが お忙しいだけのようで(?)安心しました。

相変わらず素晴らしい風景をありがとうございます。
確かに写真では伝わりきらない迫力をこの目で見てみたいものですが…。

写真のセコイアの森の中もオートバイで走行可能なんですか?
エンジンを切ったときの静寂さに身震いしそうですね。

しかし土の上の魂を持ったスポーツスターでもオンロードのタイヤでは厳しそう…。
サブでエンデューロタイプを…とか 車にMTBを積んで…とか 楽しい妄想が膨らみますね。

US05 1200R said...

Redさん、

ご心配おかけしました。

セコイアの森、バッチリ走れます。
タイヤはぬかって無い限り大丈夫ですよ。ドライではブロックじゃない方が良い位かも・・・
ま、スピード出すときは空気圧は下げた方が良さそうですが、私はトロトロ走ってるので大丈夫です。

Gotaro said...

素晴らしい~~!!
日本の山間部とは風景のスケールが違いすぎて、しかもこんな森にバイクで入って行けるなんて凄い事です。
しかし、絶対にひとり夜道で迷いたくは無いですね!!

US05 1200R said...

Gotaroさん、

実は行きにロッジまで300m位の所でGPSのスイッチを入れると後8マイル・・・
不思議に思いましたが、とりあえずGPSに従って着いた先は闇の中・・・
満月の夜だったので怖い感じでは有りませんでしたが、その辺でパンクしたら泣いてたかも(爆)
Buellが終了ですねぇ。Ulysses買っておこうか・・・

アラモ said...

最後の道は走りやすそうですね、景色がまたすばらしい!
オフ専用にUlysses面白そうです。
なくなる前にいっときましょう。

(セコイアでセコイヤチョコレート思い出すのは俺だけか?(笑))

US05 1200R said...

アラモさん、

今回の道はダートの一部を除いてはバイクの為だけに有る様な道でしたよ。

セコイヤチョコレートって・・・ワカリマセン(^^;