Tuesday, September 11, 2007

アメリカのバイク死亡事故事情

今日、アメリカ保険業界からスーパースポーツバイクでの死亡事故率が他のバイクに比べて3倍近いと言う発表が有りました。

CNNLAタイムスから記事になっていますが、かいつまんでいくと;

☆、バイク全体では1万人に付き7.5人が死亡している。自動車の7倍。2005年のバイク事故死者は4,050人。
☆、ハーレーなどのクルーザーでの死亡率は6.5/10,000。スーパースポーツでは22.5/10,000。
☆、スーパースポーツの事故原因の57%がスピード。クルーザーでは22%。
☆、クルーザー事故の26%が飲酒。スーパースポーツでも19%、スポーツで23%。でも車はもっと酷い33%。
☆、登録車数は2000年から2005年で51%も上がったがヘルメット装着率が71%から51%に下がった。(!!)

登録車数が上がって事故率も増えた背景はベービーブーマーが歳をとってからいきなり大排気量に乗る事にも原因が有る・・・とはLAタイムス。

まあ、コレを見るとある程度明らかですが、

☆、300キロも出るスーパースポーツは万人向けでは無い
☆、飲んだら乗るな。
☆、ヘルメット位はかぶれ。出来ればプロテクターも。
☆、コレはバイクと言うより乗り方ですよね。公道はサーキットじゃない。
☆、リターンや歳をとってからの大型は特に慎重に。運動能力や身体能力の維持も忘れずに。(私の事です、ハイ!)

と・・・常識的なところでまとまる様ですが、LAタイムスは日本車スーパースポーツをライスロケットと呼ぶなど、HDが業績悪化を発表した直後の臭い記事でもありますし、日本車の生命線であるスポーツやスーパースポーツが保険の問題で実質締め出される可能性を秘めたチョット痛手な報告です。


ちなみに事故率の最も高い(保険屋の観点で)車種はKawasaki Ninja ZX-10R。他の平均に比べ9倍だそうです。でもコレも多分乗り手の問題でしょうね~。

お互いに気を付けましょう。

14 comments:

naotoj said...

ああこれ、今朝のCNNで取り上げてました。

どたばたしてたんで真剣に見てませんでしたが、ノーヘルでハーレーにのったおじさんが「(ヘルメットを被らないという)大人のチョイスに口出すのはおかしい!」との弁。

ヘルメット被っていれば損害は少ないし、そのせいで(他人の)保険プレミアムが上がるのはおかしいんじゃないのか、という問いには(別の人ですが)「それと一部の人間の肥満で全体の医療保険費が上がるのととどこが違うの?」

なんとなくスタート地点が違う気がしました。

US05 1200R said...

NaotoJさん

まあ、死ぬのが怖くて××が出来るかっ!・・までは合ってるんですが、本当に死ぬ人が増えると行政が動くと言うのが一般的な流れですからねぇ。
今回の件が保険絡みで特定車種の実質締め出しにならない様に望むだけです。
アメリカは喫煙でもそうでしたが締め出すとなると徹底的にやるし、相手が日本産業だ・・・辺りが今回のミソの様な気がします。

Taka said...

日本ではメット被らずにってのはかなり少ないけれど、やはり大型免許が教習所で取れるようになってからというもの、随分大型バイクが増えましたね。ってこれもハーレーの圧力だったようですけど。んまあそのおかげでハーレーは日本の大型バイクの売り上げではダントツの一位です。実際始めてのバイクがハーレーって人もかなりいるしね。

死亡事故に関しては日本の場合はメット無しと飲酒でってのは少ないでしょう。保険料もバイクの場合はまた車種別による価格の違いはなかったように思います。

US05 1200R said...

Takaさん

タイミングを計った様にヘルメット着用の強制のお達しが出ましたよ。
http://www.ntsb.gov/Pressrel/2007/091107b.htm

日本の大型が手軽になったって言ってもアメリカの比じゃないですよ。
此方は実質15分の筆記と10分の駐車場での簡単な実地だけだからねぇ~。

Gotaro said...

排気量とか馬力とかでオートバイのカテゴリーで保険の料率変えるってパターン、またですか!?
どう考えても乗り手の問題なのに、これは確かに胡散臭いですね。。。

今後の日本の加速騒音規制への報復もあるのでしょうか???(でもHDJは規制を通せるって言ってますが)

近藤 said...

こんにちは、ご無沙汰です。
この記事を引用させていただいてよろしいでしょうか?
例の騒音改悪案はコチラにとって進展しつつあります。

US05 1200R said...

Gotaroさん、

ねえ、何か意図的な感じがしますね。でもスーパースポーツはちょっとやり過ぎの感も否めません。
ちなみにアメリカの保険は常に車種別です。
自粛が先か、規制が先か、保険屋が動くか・・・いずこも同じ様な問題ですね。

近藤さん

お久し振りです。
稚拙な内容ですがどうぞお使いください。

騒音規制問題、納得出来る方向に行くと良いですね。

近藤 said...

おはようございます。
引用させていただき、ありがとうございました。
下記のサイトはよくチェックしています。
http://thekneeslider.com/archives/2007/09/
例の記事もここからです。

US05 1200R said...

近藤さん、

しかし・・・勤勉ですね。恐れ入ります。
私のバイクは調子が良すぎてネタが全く有りません(笑)

近藤 said...

>しかし・・・勤勉ですね。恐れ入ります。
ハイ、自分でも驚いています(笑)

イケピー said...

僕がたまに行く国立公園の峠
曲がりくねった20kmほどを、僕が一休みポイントに付くまで10台ほど道を譲ります。
でもほとんど僕と同じ歳(汗)なんですが、彼に話を聞いたら、「160km/hくらいは出ますよ」!!
ひゃー、それは速すぎ。僕なんて頑張って80km/hなんですけど・・・
皆さんSSでした。
ちなみに事故を起こすのは、彼らについていこうとする若い世代のようですね。

でも僕はハイパフォーマンスのバイクは好きです。
やはり乗り手の意識次第なのかなとも思います。

US05 1200R said...

イケピーさん

まあ、ハイパフォーマンスを買って飛ばすなと言う方が無理ですが、1速で160キロも出るバイクは流石に公道では扱えないですねぇ。
今回もその辺りが指摘されてまして、言い訳も厳しいかな・・・って感じです。

アラモ said...

事故増の弊害(?)はそれだけじゃありません。
当地のスカイラインも二輪通行禁止の噂があり、「のんびり温泉散歩ツー」も時間の問題かも・・・。

US05 1200R said...

アラモさん、

禁止だけは止めて欲しい所ですが、中国では大型を禁止している所も多いですからねぇ。
人事では有りません。